サロンお勧めの化粧品やちょっとした美容法、グルメやクレジットカード、ビジネス関連の情報を掲載していきます。

美容と趣味とお仕事と

クレジットカード

アメリカンエキスプレスのプラチナコンシェルジュデスクにライブチケットをお願いしてみました

クレジットカード

今回は、とある人気アーティストのライブチケット販売開始日に所用で手続きなどできそうになかったのでいい機会と思い、 あまり情報がなかったので一度確認してみたかったコンシェルジュ経由で代わりに取ってもらえるのかを試してみました。結果から先に言うと失敗に終わりましたが、その理由とどういう場合ならお願いできる可能性が高いのかを書いておきます。

失敗した理由

アメリカンエキスプレスにはチケットアクセスという、会員が自分で手続きを行いチケットを予約・抽選申し込みするシステムがあります。しかしこのシステムは会員自身が手続きをするためのものなので、チケットの販売開始日、開始時間にサイトにアクセスできない場合はチケットを取ることはできません。また上記理由からコンシェルジュが代理でとるという事も不可になっています。

そのため自分でサイトにアクセスできない旨を話すとコンシェルジュから”チケットを取り扱うデスクに回しますのでそちらで確認をお願いします。”と、別のデスクに回されることになりました。

チケット関連のデスクにはすでにコンシェルジュデスクから情報がいっていたのですぐに、欲しいチケットのアーティスト・場所・日程を聞かれ検索を掛けてもらえました。またこのデスクで扱えるのはチケットぴあ、ローソンチケットなどで扱っているチケットのようで、その説明も簡単にしていただけました。

さてここで最初に書いた失敗、できなかったことが発生しました。というのもお願いしようとしていたチケットはチケット券面に購入者の名前が印字されるものだったためです。

どういうチケットなら頼めるのか

最近は転売対策の一環でチケット券面に名前を入れ、コンサート当日に会場で本人確認というやり方が特に増えてきました。こういうチケットの場合は名前が入る都合上、各種販売サイトに個人で登録、ログインした上でしか買えないものが殆どだと思います。またチケット詳細のページに名前が入ることが書かれている場合もありますので、その場合も代理購入は出来ないと思っていいと思います。

つまりチケット券面に名前が入らない類のものに関しては、基本的に代理購入を頼める可能性が高いのでコンシェルジュ経由でお願いしてみると良いと思いますし、デスクの方も”取り扱える場合もあるので一度こちらで確認してください。”と、言っていました。

まとめ

今回は残念ながらチケット争奪戦を頼む前に不可となってしまいましたが、今後も自分が所用などで自ら手続きが出来そうにないときには念のためコンシェルジュ経由で確認してみようと思います。取りあえずはチケット券面に名前の印字があるチケットか、否かを判断材料にしてみると良いかもしれませんが、其の上でコンシェルジュ経由でデスクに確認してみることをオススメします。

以上、ライブチケットの体験談でした。

日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!

 

    -クレジットカード
    -

    Copyright© 美容と趣味とお仕事と , 2020 All Rights Reserved.