サロンお勧めの化粧品やちょっとした美容法、グルメやクレジットカード、おすすめの一品などを紹介していきます。

美容と趣味とお仕事と

お出かけ クレジットカード

東京から関西方面への新幹線移動のおすすめ

新幹線

先日大阪に行く機会があり、移動手段を時間的にほぼ定刻通りに運行される新幹線にしました。その際に東京から大阪方面に一番お得に購入できる方法を調べたのお勧めの方法をご紹介致します。 また今回はアメックスプラチナ付帯のマリオットホテルの上級会員資格を使う前提の為、旅行会社のツアーは除外しております。

新幹線2

チケットの買い方の種類

一般的に新幹線チケットの購入方法は駅のみどりの窓口自動券売機で購入、旅行会社で購入、金券ショップで購入、JRのネット予約での購入が考えられます。各方法によって特徴があるのでまずはその特徴から説明してきます。

みどりの窓口と自動券売機

みどりの窓口のメリットはスタッフの方に時間などの要望を伝えるだけで適当なチケットを提案、購入できるところです。また要望にそぐわない点があっても、再度検索を掛けてもらい新たなプランを見つけることができる点も大きなメリットです。デメリットとしては窓口の営業時間に縛られる点と、サービスが手厚い分混雑時には待ち時間が長くなる傾向があるという点でしょうか。

自動発券機のメリットは駅の営業時間内であればチケットを購入できる点です。また窓口で購入するよりも混雑しにくい、回転が速い傾向がある点です。デメリットは自分の要望のものに空席が無い場合新たに券売機上で調べないといけない点です。

旅行会社

JRと提携している旅行会社であれば通常料金でチケットを購入することができる点でみどりの窓口と同様です。なのでメリット、デメリット共にほぼ同様です。

大きく異なるのは旅行会社独自のお得なプランが用意されている場合があるところです。一例としてお勧めなのはJR東海ツアーズのぷらっとこだまがあります。これは各駅停車のこだまに乗車する代わりに料金が抑えられているプランです。

メリットとしては指定席での乗車が確定するので必ず座れる点、通常でチケットを購入するよりも東京ー新大阪間であれば¥3500ほど安くなる点です。またツアー料金に¥1000~¥1500プラスすることでグリーン車に乗車できることも大きなメリットです。

デメリットはツアー扱いとなるため時間変更等ができず、変更したい場合は一度払い戻さなくてはならない点、前日までの購入が必須な点、途中乗降ができない点などが挙げられます。またこだまに乗車するという関係上、所要時間がのぞみと比べ1.5倍ほどかかってしまう点です。時間に余裕がある場合にしか利用できないところが辛いところです。

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35UA5H+5SDQIA+Z9G+NTRMP" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=191209445350&wid=001&eno=01&mid=s00000004570004002000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www17.a8.net/0.gif?a8mat=35UA5H+5SDQIA+Z9G+NTRMP" alt="">

金券ショップ

金券ショップでの購入の場合は区間にもよりますが東京ー新大阪間だとおおよそ¥1000程度安くなる程度で、目安としては自由席料金で指定席に乗れる程度だと思っておくと良いと思います。金券ショップで販売されているチケットはほぼ指定席回数券のばら売りなので購入後にどの新幹線に乗るのか駅の窓口か自動券売機で指定を行うことになります。

メリットとしては少なからず安く買うことができる、日にちが確定していない場合でも購入できる点が挙げられます。デメリットは未使用でも払い戻しが受けられない点(回数券は6枚発券された全てが揃っていないと払い戻し不可なため)、有効期限がある点、繁忙期等指定期間に利用ができない点などが挙げられます。

JRネット予約

今回は東京ー新大阪間という事で、無料登録で利用可能なJR東海のスマートEXを取り上げたいと思います。スマートEXは一応一日中予約することが可能という点で優秀だと思います。(夜間は仮予約の形となり5:30以降に予約手続きが行われ、予約が成立できれば確定となります。)また通常の割引自体は小さいのですがとても優秀なEX早得21というプランがあります。

早得21は乗車日の1ヶ月前から21日前まで購入できる購入期間が限定された指定席チケットで、その分割引も大きく同じ区間の指定席券を購入した場合よりも¥3500ほど安く購入できます。またネット・アプリ上で指定席の指定が行える、変更やキャンセルも行える点は大きなメリットだと思います。

デメリットは早得21で購入しない場合は大きな割引がない点、早得21で予約した場合は変更時に21日前を過ぎていると料金が変わる点(至極当然なのですが)、そして利用日当日までの間に決裁したクレジットカードを持参して東海道・山陽新幹線各駅等にあるJR東海・JR西日本の指定席券売機や窓口にて切符を受けとり使用することになるのが少し面倒な点
(当日でも大丈夫なので余裕をもって出ればいいだけの話ではありますが) 、選択できる時間帯が6時台と11時~16時までに限られてしまう点です。それと区間指定なので途中下車は不可になっている点と予約した列車以外には乗車不可という点も注意が必要です。

結論

行き先、予定がすでに決まっており、1ヶ月前から21日前までに購入できる場合はスマートEXの早得21を使うことがベストです。また時間に余裕があり、20日前から前日までならぷらっとこだまという選択肢がお得になるかと思います。時間に余裕がなく20日前から当日までなら金券ショップがお得かもしれません。

ホテル上級会員等を利用する予定がない場合は旅行会社等の新幹線と宿のパックツアーの方が安くなる場合もありますので、その場合はパックツアーの利用をお勧めします。

    -お出かけ, クレジットカード
    -

    Copyright© 美容と趣味とお仕事と , 2020 All Rights Reserved.