サロンお勧めの化粧品やちょっとした美容法、グルメやクレジットカード、ビジネス関連の情報を掲載していきます。

美容と趣味とお仕事と

お出かけ ホテル

ステータスマッチの改変によるヒルトンオーナーズVISAプラチナの価値

ヒルトンロゴ

今回はヒルトンのステータスマッチに関してルール改変がしばらく前にあったので、それによりヒルトンオーナーズVISAプラチナの価値がどう変わったのか考察したいと思います。

ヒルトンのステータスマッチ

他グループのホテルの同等会員種別を保持している場合にはヒルトンの同等会員種別のステータスを与えてくれるという制度がステータスマッチです。ただこれにより付与されたステータスはホテルより提示された条件を達成することで維持することができます。(現在はステータスマッチが少し厳しくなっているようです)

特に今回注目されているのはダイヤモンドステータスに関してで、ステータスマッチでダイヤモンドが付与された場合の維持条件が8滞在➡18泊(90日以内)に変更された点です。8滞在だと最短なら8泊で達成可能なので、単純にステータス維持には10泊分多く宿泊することが必要となってしまいました。改変前であれば11日毎に1泊で良かったところ、改変後は5日に1泊が必要な計算になります。これはなかなか条件が厳しくなったと言えると思います。

ダイヤモンドステータスを得るもう一つの方法

券面

ヒルトンのダイヤモンドステータスを得る別の方法はヒルトンオーナーズVISAプラチナカードというクレジットカードを作成し、決済を重ねるという方法です。このクレジットカードを作成するとまずヒルトンのゴールドステータスが付与されます。また1歴年間(1月1日~12月31日)に税込みで120万円以上のカード利用があるか、10滞在または20泊を達成すると1か月ほどでダイヤモンドステータスが付与されます。

このクレジットカードは年会費が67,500円(税込)かかるというデメリットがありますが、ダイヤモンドステータスを目指す人にとってはメリットの方が大きいのではないでしょうか?というのも1歴年間で120万円の決済は公共料金等の引き落としを含めメインカードに据えてしまえば、多少の負担にはなりますが、達成不可能な金額でもありませんし、10滞在も90日間で18泊と比較すればそれほど厳しい条件ではないからです。

また費用面でも国内で18泊するには年に数回行われる割引キャンペーン時期でも最低で20万円前後かかってしまいますが、10滞在ならキャンペーン時期を選べば12万前後で達成可能です。これに年会費を加えてもヒルトンオーナーズVISAプラチナカードを作成したほうが得だといえますし、カード特典としてHPCJ会員資格が付与される(通常年会費25,000円)点やその他トラベル、グルメ、コンシェルジュなどの特典が利用できる点もお得です。

ステータスマッチの改変によるヒルトンオーナーズVISAプラチナの価値のまとめ

ステータスマッチによるダイヤモンドステータスの取得条件が厳しくなった以上、ヒルトンオーナーズVISAプラチナカードの価値は相当上がったと言えると思います。トータルの費用面でもベネフィット面でもカードを作成する方法が今のところベストであると思います。

ただアメックスプラチナカードのように、マリオットのゴールドステータスとヒルトンのゴールドステータスが無料で付与されるクレジットカードを保有している場合には一考が必要かと思います。どうしてもヒルトンのダイヤモンドステータスが欲しい場合にはアメックスプラチナカードをSPGアメックス(マリオットのゴールでステータス付与)に変更し、ヒルトンオーナーズVISAプラチナカードを作成するという方法の方が年会費(アメックスプラチナ144,000円、SPGアメックス+ヒルトンオーナーズVISAプラチナー=約100,000円)の事を考えると良いかもしれません。

Hilton status

アメックスプラチナはオリジナルの特典も多数あるのでホテルステータスのベネフィット以外を考えると用途によっては上記方法がベストであるとは言いきれませんので、各人費用と特典を精査してみると良いかなと思います。私自身アメックスプラチナカードを保有しており、コンシェルジュや各種イベント、キャンペーンなどで満足いくベネフィットを得ているためカード変更をする予定は今のところありませんが、実は上記組み合わせに魅力を感じ続けてはいます。ヒルトンのダイヤモンドステータス、ラウンジアクセスや部屋のアップグレード対象がスイートも含まれるなど本当に魅力的なベネフィットが多いので。

以上、ステータスマッチの改変によるヒルトンオーナーズVISAプラチナカードの価値の考察でした。

    -お出かけ, ホテル
    -

    Copyright© 美容と趣味とお仕事と , 2020 All Rights Reserved.