本日開店 ルディ亭

檸檬堂のカミソリレモンが一番のおすすめ!60本以上飲んでみて大好きな鬼レモンとも徹底比較!

カミソリレモンと鬼レモン

昨年末に登場したカミソリレモン。

檸檬堂が発売されてからは4種類のみの展開でしたが、そこにドライな風味が加わることになりました。

多くの人がすでに飲んでいるかと思いますが、今回はそこを敢えてカミソリレモンの魅力を紹介していきたいと思います。

読んで欲しい人

  • カミソリレモンに興味がある人
  • 普段鬼レモンを飲んでいる人
  • 檸檬堂が大好きな人

カミソリレモンの特徴

カミソリレモン

カミソリレモンは、

  • アルコール分9%
  • 甘味料不使用
  • 含有炭水化物量もシリーズ最少

となっています。

含有炭水化物量が他の檸檬堂商品よりも圧倒的に少ないので、炭水化物を気にする人にはとてもおすすめです。

参考までに1缶当たりで考えると炭水化物量は2.8gとなっています。

アルコール分が多いので、カロリー自体ははちみつレモンと定番レモンよりは少し多くなっています。

カミソリレモンを飲んだ感想

カミソリレモンは甘味料不使用の言葉通り、飲み口がとてもドライになっています。

それでいてレモンの風味はしっかりと感じることができるので、レモンサワー好きにも満足できる仕上げになっています。

唯一の欠点は、口の中が甘ったるくなったりする事も無いのでぐびぐびと飲み続けられてしまうことです。

注意ポイント

アルコール分は9%と高めなので、飲みやすさに流されて飲み続けると結構酔ってしまうので注意が必要かもしれません。

飲み口がドライで口の中をリセットしてくれるので、例えば唐揚げやステーキ、ポテトチップスといった油っぽいものともよく合います。

もちろん厚揚げやナムル、ナッツ類といった油っぽさをあまり感じないものとも合いますが、乾きものとの相性はいまいちな気がします。

あわせて読みたい

完成品
檸檬堂にはこれ!至高の簡単おつまみPart1、細切りピーマンの明太子和え

今回は大人気の”檸檬堂”にぴったりの簡単で最高のおつまみ、細切りピーマンの明太子和えをご紹介します。 どこでも手に入れやすく、色々な料理にも使われる食材のピーマンをメインに使用したおつまみになります。 ...

続きを見る

大豆もやしのナムル 完成品
檸檬堂にはこれ!至高の簡単おつまみPart2、大豆もやしのナムル

今回は大人気の”檸檬堂”にぴったりの簡単で最高のおつまみPart2、大豆もやしのナムルをご紹介します。 手に入れやすく、低カロリーで栄養素も満点の大豆もやしをメインに使用したおつまみになります。 今回 ...

続きを見る

個人的には檸檬堂シリーズの中では、特にお酒好きには一番おすすめしたいのがカミソリレモンです。

カミソリレモンと鬼レモンを徹底比較

まずは気になる成分をピックアップしてみます。

 カミソリレモン鬼レモン
アルコール分9%9%
エネルギー(100ml当たり)55kcal80kcal
炭水化物0.8g7.1g

同じアルコール分なのにエネルギー量は結構違うのが分かります。

1缶で見ると87.5kcalの差になるので、エネルギー量だけで見ればカミソリレモン3缶と鬼レモン2缶が同じ程度になるので、カロリーを気にする人で量も飲みたい人はカミソリレモンを選択するのがおすすめです。

あわせて読みたい

檸檬堂のおすすめ度をランク付け!ぴったりの檸檬堂はこれだ!

今回は阿部寛さんのCMが印象な最近注目の檸檬堂!4種類すべてを飲み比べてジャンル別にランク付けしてみました。 4種類もあるとどれを買うべきか悩んでしまいますよね。 私自身もどれを買おうか悩んでしまいま ...

続きを見る

カミソリレモンと鬼レモンの見た目を比較

檸檬堂の色比較

左:カミソリレモン 右:鬼レモン

明らかに鬼レモンの方が黄色み掛かっていて、見た目にもレモン感が強そうに見えます。

カミソリレモンの方はというとレモンの果肉のような、少し白みがかった色味になっていてさっぱりしていそうに見えます。

色味からも両者の特徴がはっきり出ているのが面白いですね。

カミソリレモンと鬼レモンの味を比較

色味のイメージと同じく、カミソリレモンはさっぱりと、鬼レモンはレモン感が強い飲み口になっています。

カミソリレモンは口に入れた瞬間からドライな、あっさりとしたビターな感じを受けます。

鬼レモンは香りも含めレモンの果汁感が強く、しっかりとレモン感を感じることができ、舌にもそのレモン感がまとわりつくような後味を残してくれます。

アルコール分は両者ともに9%と高いのですが、あまりその高さを感じることなく飲みきる事ができます。

敢えて言えば、鬼レモンの方が少しだけアルコールの風味を感じることがあるかもしれません。

レモン感が強く、風味も強く感じたい人は鬼レモンを、さっぱりと、それでいてレモンのビター感を味わいたい人にはカミソリレモンがおすすめです。

檸檬堂のカミソリレモンが一番のおすすめ!60本以上飲んでみて大好きな鬼レモンとも徹底比較!のまとめ

今回は昨年末に新たに檸檬堂シリーズに加わったカミソリレモンを紹介してきました。

私自身登場以来ほぼ毎日のように飲むくらいお気に入りの檸檬堂となっています。

レモン感を強く感じたいという時には鬼レモンを選びますが、カロリーなども考慮すると普段飲みにはカミソリレモンの方が良いような気がしています。

定番レモンを飲んでいる人がカミソリレモンを飲むと、アルコールの強さもあって少しきついかもしれませんが、塩レモンを飲んでいる人には是非ともカミソリレモンを試してもらいたいと思います。

まだ試してないという人は、是非とも現状イチオシのカミソリレモンを飲んでみてください。

その際にはポテトチップや唐揚げのような味のはっきりしたおつまみの準備も忘れずに。

    -本日開店 ルディ亭

    © 2021 美容と趣味とお仕事と