お出かけ ホテル

マリオットのベストレート申請大成功と更に分かったこと①~大成功体験とねらい目~

マリオットロゴ

今回はマリオットのベストレート申請が通り大きく節約することができたのでその体験を記事にしてみました。予約段階ではありますので宿泊記はまた後日になります。

ベストレート申請成功までの道①否決

これからもお得に泊まれる可能性があるため今回はホテル名は伏せさせて頂きますが、家族旅行で訪れようとしていた場所にとあるマリオットのホテルがあったのでそちらにスマホのアプリから予約を入れました。

もちろん事前に他サイトで料金の比較は済んでおり、一休.comの料金が最安だったので直後にベストレートも申請。しかしながら、他記事にも書きましたが”税・サ・オプション別の料金比較になる”とのことで、その場合オフィシャルの料金の方が安いとの返信が来て最初の申請は見事に否決されてしまいました。

がっかり

この時の失敗はツインの部屋を3人で利用するため、エクストラベッド代がオプションになってしまうオフィシャルの料金と、税・サ以外は込みでの表記の一休.comの料金を比較してしまったからでした。試したいことがあったのもあり、仕切り直しの為一度この予約はキャンセルしました。

ベストレート申請成功までの道②キャンセル・再申請

前回の失敗を参考に次はツインの部屋を2部屋、片方をシングル利用で取ることにしてみました。もちろん今回も価格比較は済ませてから予約を入れ、今回も一休.comが最安だったのでそれを比較対象にベストレート申請を行いました。

ドキドキしながら規約に記載の24時間以内の返信を待つも返信は来ず、申請がダメだったのか?、担当スタッフが忘れてるのか?、と疑念がよぎり堪え性のなさもあり申請から26時間後に予約をキャンセルし、再度同じ予約とベストレート申請をすることにしました。しかしこの判断が余計な待ち時間を作る羽目になるとはこの時は思ってもいませんでした。

ベストレート申請成功までの道③申請通過

3度目の予約を入れなおし24時間後までの返信を心待ちにしていると、日付変わってすぐの0時半ごろに返信がきました。やっぱり予約入れなおしといて良かった('ω')と思ったのも束の間、その返信はキャンセルした2回目の予約に対するものだったのです。この返信を受け取った時点で大体35時間ほど申請から経っていました。そしてその時に3度目の予約は36時間は待とうと心に決めました。

3度目の予約への返信も2度目と同様36時間経たないくらいで返信が来て、見事に申請通過という嬉しいお知らせをやっとのことで手にすることができました。2度目のキャンセルさえしなかったらもう1日早くこのお知らせを手にできたかと思うと自分の堪え性のなさを反省するしかありません。

ガッツポーズ

ベストレート通過でどれだけ節約できたのか

ベストレート申請が通過すると比較対象の最低価格から25%オフ(または最低価格+5,000マリオットポイントも選択できます。)になるのでかなりの節約になります。

具体的には今回2部屋の予約だったので個々で書きますが、                 1部屋目(2人利用)38000円⇒16611円                     2部屋目(シングル利用)18000円⇒6375円 (共に税・サ抜きの料金です)

トータルで33000円程の節約、これに税・サ分も加わるのでそれ以上の節約になりました。実質ほぼ60%offとはさすがに今回は出来すぎだったと思います。

ねらい目のホテルは?

今回のことで調べていく中で少しだけ分かったことがありました。それは個別のホテルのサイトとマリオットのサイト・アプリとで調べると料金に差異があることがあり、その差の大きいほど一休.comなどの他サイトでより安い価格が見つかる可能性が高いのではないか、という事です。

全世界270万軒の宿泊施設からプランを一括比較【ホテルズコンバインド】

あくまで参考程度のことですが調べてみると意外とってこともありますので、他サイトを見る前に一手間加えてみると良いかもしれません。また他サイトではより低い価格は見つからず、個別のホテルのサイトの方がマリオットのサイト・アプリよりも少しでも価格が低いのであればそちらで予約を入れれば良いだけですので。注意点としては個別ホテルのサイトはほぼボンヴォイ会員の価格で出していないことを頭に入れておく必要があること、プランも独自のものが含まれていることが多くそもそも比較対象にならないものもあると言う事は覚えておく必要があるかと思います。

上記のことを踏まえたうえで私見ですがねらい目となるホテルはどういったものかと言うと、ずばりFC契約でマリオットを名乗っているホテルです。例えば旧ラフォーレ系がそれにあたるかなと思います。もちろんだからと言って確実により低価格な料金が見つかるという事ではないですし、長期休み前後などの繁忙期は特に見つけることは厳しいかと思いますので参考までに。

まとめ

今回はベストレートが通るまでの失敗含めたプロセス、成功できた時のメリット、より低価格が見つけやすいかもしれない目安についてお話いたしました。ベストレートの申請自体は費用が掛かるものではありませんので、より低い価格を見つけたら公式で予約後24時間以内に申請だけでもしてみることをオススメします。

関連記事

マリオットのベストレート申請大成功と更に分かったこと②~ベストレートの返信待ちについて~

マリオットのベストレート保証で新たに分かった注意点

    -お出かけ, ホテル
    -

    © 2020 美容と趣味とお仕事と