サロンお勧めの化粧品やちょっとした美容法、グルメやクレジットカード、ビジネス関連の情報を掲載していきます。

美容と趣味とお仕事と

古今往来 ほぴるでぃ堂

古今往来 ほぴるでぃ堂【ニューバランス M576】

ニューバランス シューズ

今回ご紹介するのはニューバランスのシューズM576シリーズです。

スニーカーと言うと多々ありますが、かっこよさと履き心地を兼ね備えているモデルと言うのはそう多くはありません。

ニューバランスのM576は、もともとが運動に対応したモデルという事で履き心地も良く、靴自体も上質なレザーが使われておりかっこよさと履き心地が両立されているモデルであると言えます。

それではおすすめモデルのM576を紹介していきます。

M576の歴史と特徴

M576は1988年に誕生したモデルで、頭文字のMはメンズを意味しておりサイズ展開も23.5~28.5cmとなっています。

576は走破性能にも力を注がれており、舗装路以外でのランニングにもしっかり対応したモデルです。

特徴的なのはUSAモデルとUKモデルがあることでしょうか。

この2つのモデルに言えるのは、他のモデルに比べ上質なレザーを使用してること、手作業の工程が多いことが挙げられます。

つまりシューズとしてのクオリティが高いという事です。

またM576にはリーズナブル版の574シリーズがあり、同じ系譜をたどっておりシルエットも近いシューズのためエントリーモデルとして重宝されています。

574シリーズの中ではおすすめはML574です。

M576の種類

M576には先ほど述べたUSA、UKの違い以外にも違いがあります。

アッパー素材がレザーモデル、レザー+合成繊維モデル、スウェードモデル、スウェード+合成繊維モデルのものがあります。

レザーモデルは皮の厚さもかなりあるので雨にも強い傾向がありますし、スウェードモデルもメンテナンスをしっかりしておけば雨には強いです。

スウェードモデルのメンテナンスには、栄養と防水効果も付与できるM.Mowbray(エム モゥブレィ )スエードカラーフレッシュスプレーがおすすめです。

逆に合成繊維、メッシュ部分がプラスされているものは通気性の点では有利なのですが、どうしてもその部分が雨等がしみこみやすい部分になるのでメンテナンスをしていても耐水と言う点では劣ってしまいます

普段使うシチュエーション等によって、どのタイプを選ぶのかを考えると良いと思います。

個人的には、少しフォーマル目なシーンでも使用したい場合にはレザー、スウェードモデルの購入が適していると感じています。

またオールシーズンで履いていけるレザーに対し、スウェード素材は秋冬に履くと見た目にも温かさが出るのでおすすめです。

M576のメリット・デメリット

メリット

  1. レザー、スウェードモデルは雨に強い。
  2. レザー、スウェードの質が高く、高級感がある。
  3. 靴としての寿命が長い。
  4. ソールの交換やライナーの張替えなど修繕が可能(ライナー張替えなどはあくまでソール交換した際のオプションになります。)

1,2は先に述べたので残り2つについてお話します。

3.靴としての寿命が長い

レザーやスウェード自体の質が高く、しっかりとした厚みがあるので耐久性が非常に高いというメリットがあります。

メッシュ部分がある合成繊維がプラスされたものでも十分な耐久性がありますが、経験上メッシュがないものの方がもちが良かったです。

レザー、スウェードモデルの場合、週に4日程履いててもソールの交換無しで6~7年ほど履き続けられました。

購入時には3万円いかない程度の出費になってしまうので少し高く感じてしまいますが、6年履けると思えば年当たり5千円未満の出費なのでかなりコスパは高いと思います。

4.ソールの交換やライナーの張替えなど修繕が可能

ニューバランスのオフィシャルショップへの持ち込み(受付可能店舗のみ)か、リペアセンターにシューズを送ることで修繕を頼むことが出来ます

ショップ持ち込みの場合にはその場で状態確認、修繕費用を提示してもらった上で書類を記入という流れになります。

リペアセンターに送付の場合は、事前にお客様相談室に連絡をしてその後の手順について指示を仰いでください。

以前、ショップに持ち込みで修繕をお願いした場合には、かなり丁寧にスタッフに対応して頂け、オプション修繕の提案や目安期間等の案内も受けることが出きました。

可能であれば、スタッフに疑問点等も確認できるので持ち込みで申し込むのをおすすめします

ただし、M576でもコラボモデルや限定モデル等だと修繕に対応していない場合もあるので、その場合は事前に確認しておく方が良いかと思います。

デメリット

  1. シューズとしては高価
  2. 軽くはない
  3. メンテナンスの手間がある

1.シューズとしては高価

メリットの部分でも述べましたが、初期投資としては約3万円ほどするので安くはありません。

これはやっぱり大きなデメリットになってしまうと思います。

先ほどのメリットで述べたように、靴自体はもちが良いので長期間使用すれば、という視点で見ることでコスパの高さは実感できると思います。

また、ネットショップ等でもほとんど割引されることがないので、良くも悪くもどこで購入しても値段は変わりません

ネットショップ等で時折割引されるのは限定商品の場合が多いので、気に入ったものがあれば気長に探してみても良いのではないでしょうか。

2.軽くはない

シューズがしっかりしたものであることの裏返しで、靴自体がどうしても少し重くなってしまいます

レザーやスウェードがしっかりした厚みがあることの証でもあるので、これは仕方ないところだと思います。

少しでも軽くという事であれば、メッシュ部分がプラスされている方を選ぶことをおすすめしますが、そこまで劇的に変わるものではないのでデザインなどを優先する方がおすすめです。

3.メンテナンスの手間がある

レザー、スウェード素材には付いて回る事なのですが、メンテナンスの手間があります。

もちろんメンテナンスは行わなくても大丈夫ではありますが、より長持ちさせたかったり、見栄えが良い状態をキープしたい場合にはメンテナンスは必須です。

また防水性能を高めたい場合にもメンテナンスは必須となります。

おすすめのメンテナンス用品は、先に紹介したスウェード用のM.Mowbray(エム モゥブレィ )スエードカラーフレッシュスプレーレザーにはM.Mowbray(エム モゥブレィ )のステインリムーバー、シュークリームジャーになります。

どこで買うのが一番良いか

価格で言うと、先に述べた通りほぼ値引きはされないので、例えば楽天やAmazonなどでポイント付与の一番多いショップで購入するのが良いかと思います。

他にもニューバランスの公式サイトで会員登録して、オンラインショップか店舗で試着の上購入するの一つの方法です。

ネットショップの場合は限定商品等で高い割引率で販売されていたり、大きいセールが設定されていたりもするのでそこを狙っても良いと思います。

公式オンラインショップ等もセールが頻繁に行われていますが、M576が対象になることが多くはないというのが残念なポイントです。

欲しいモデルのシューズを購入したい場合は楽天やAmazon等で購入することをおすすめします。

またネットショップで購入する時は、事前に近くの靴屋などでサイズ合わせはしておくようにしましょう。

もしサイズ合わせを事前にすることが難しい場合は、普段履いているシューズよりも0.5cm大き目を買うのがおすすめです。(あくまで目安なので、サイズが必ず合うとは限りません。)

ニューバランス M576のまとめ

高品質且つ高級感漂うシューズ、ニューバランスのM576を紹介してきました。

このシューズの素晴らしさは言葉で伝えるよりも、一度履いてもらえば分かってもらえると思います。

手作業で作られたしっかりとした作りと、レザー、スウェードの高品質さを体感してみてください。

通常時の購入は楽天やAmazonなどのネットショップで、特別なセールを行っているときには公式で探してみることをオススメします。

最後にM576の一番好きなモデル、M576 REDを紹介して終わりたいと思います。

以上、古今往来 ほぴるでぃ堂【ニューバランス M576】でした。

    -古今往来 ほぴるでぃ堂
    -

    Copyright© 美容と趣味とお仕事と , 2020 All Rights Reserved.

    \ おしゃれなシューズに出会う /
    M576REDはこちら
    \ おしゃれなシューズに出会う /
    M576REDはこちら