特別企画

Perfumeのっちさんの故郷、広島県福山市の酒蔵 天寶一

グルメカテゴリーなのに最初に紹介するのが日本酒というのも斜め上な感じですが、初回を飾るにふさわしい素晴らしいお酒だったので今回はPerfumeののっちさんの故郷でもある広島県福山市の日本酒を。
まずは酒蔵の天寶一さんを簡単にご紹介、と言ってもHPの受け売りですが。
天寶一さんは広島県福山の地で100年以上も続く酒蔵さんだそうで、現在は福山市で唯一の酒蔵さんだそうです。
造られるお酒は和の食材との相性を一番に考えているそうで、”究極の食中酒”を目指しているとのこと。
そんな天寶一さんですが、定番から季節ものまで10数種類の日本酒を造っており、その中でも今回紹介するのは定番もののの超辛純米千本錦
IMG_2992.jpg
常温で飲むとクセも少なく、非常に口当たりもよく飲みやすい、すっきりとしつつも日本酒の香りを程よく感じる、そんな日本酒で確かに和の食材との相性の良さを感じさせてくれます。言うなればテストの成績もよく誰にでも受けが良い優等生タイプでしょうか。
しかし私が思うこのお酒のベストな飲み方はオンザロックです。
オンザロックにすることで香りは少しスポイルされるものののソリッド感が増し、和の食材のみならずチーズなどの洋の食材との相性もぐんと良くなり、知らず知らずお酒も進んでしまうからです。
日本酒らしさを感じたい、ゆっくりと楽しみたいときには常温で、和洋の食材とのマリアージュを楽しみたい、しっかり飲みたいときにはオンザロックでと、このお酒の持つ2つの顔をその日の気分で楽しむのも良いかもしれません。
広島のお酒ですがHPに各地の取扱店舗が載っており、それ以外にも都内では銀座にある広島のアンテナショップなどでも手に入りますので”究極の食中酒”を味わってみてください。

Perfumeのっちさんの故郷、広島県福山市の酒蔵 天寶一第2弾

    -特別企画
    -

    © 2020 美容と趣味とお仕事と