古今往来 ほぴるでぃ堂

【PS4 Pro】古今往来 ほぴるでぃ堂

PS4 本体

今回ご紹介するのは、次世代機が発表されてはいますがPS4Proです。

単なる映像が進化したゲーム機にとどまらず、DVDやBlu-rayの再生機として、YouTubeやNetflix、fuluなどを見るためにも使用できるマルチな機能を備えたゲーム機です。

それでは多機能なゲーム機、PS4Proを紹介していきます。

PS4の歴史

PS4は2013年11月に発売されたPS3の後継機です。

PS3からの進化度合いは凄まじく、グラフィック等含めかなり美麗になりました。

ただPS3との互換機能はなかったため、そこは非常に残念なポイントでした。

2016年にはハイエンドモデルとして、4K解像度に対応したPS4Proが発売されさらなる進化を遂げました。

2020年末にはPS5が発売されることが発表されています。

PS4Proの特徴

4K対応テレビが普及してきたことで、ゲーム機側も4K出力できるものが求められているかのうように登場したのがPS4Proでした。

4K対応を大きく謳っているだけあり、出力されるゲーム画像は非常にきれいです。

特に4K対応のソフトは映像のクオリティが全然違い、草葉や髪の毛等まで細かく描写されるのでリアリティがより上がります。

4K非対応ソフトも画質が強化される為、通常のPS4での映像よりきれいな画質で表示されます。

またPS4ProではCPUやGPUスペックも上がっており、フレームレートの安定や向上が見られ、滑らかな映像でプレーできます

映像描写の進化こそがPS4Pro最大の特徴であると言えます。

PS4Proのメリット・デメリット

メリット

  1. 映像が美しい
  2. フレームレートの安定、向上のおかげで滑らかな映像でプレーできる
  3. 拡張性が高い

1,2は既に説明済みなので、3についてのみお話します。

3.拡張性が高い

PS4ProにはPS4と違い、USB端子や光デジタル出力端子が背面に追加されており、SATA3規格にも対応しています。

特に大きいのはUSB端子の追加と、SATA3規格への対応で、このことにより外付けのSSDを追加するか内臓のHDDをSSDに換装し読み込み速度を上げることが出来る点です。

例えばDivision2と言ったゲームはロードに時間がかかってしまうので、SSDに変えることでその時間を大幅に削減でき、ロード時間のストレスを大幅に減らせすことが出来ます

こういった拡張性の高さはPS4Proの大きなメリットです。

またSSDの換装は良いのですが、少し手間ではあるのでUSBコード1つで追加できる外付けのSSDをおすすめします。

外付けのSSDでおすすめは、以下のものです。

価格も手ごろな割に容量も1TBあるので、容量の大きいものが多くなってきている最近のソフトでも、余裕をもって保存していけます。

デメリット

  1. 価格がPS4よりも高い
  2. 本体がPS4に比べて大きい
  3. 消費電力が大きく、ファンが少しうるさい
  4. スペックをフルに発揮させようとすると4K対応テレビは必須

1.価格がPS4よりも高い

スペックが上がったせいもあり、PS4よりも約1万円高くなっています

映像に重きを置かなかったり、PS4で満足している人には負担が大きいのは否めないかと思います。

その場合はPS4で十分だと個人的には思います。

2.本体がPS4に比べて大きい

PS4の大きさが約265mm×39mm×288mmなのに対し、PS4Proは約295mm×55mm×327mmとなっており全体的に一回り大きくなっています

そのため買い替えの場合等、起き場所の制約がかかる場合があります。

今まで置いていた場所に置けなくなる場合は大きなデメリットになってしまいます。

3.消費電力が大きく、ファンが少しうるさい

高機能になったがゆえに、PS4Proの最大消費電力はPS4に比べ約倍の310Wとなっています。

継続的に使用するには、最大時とは言え倍の電力を消費するのはコスト面で負の印象を持ってしまいます。

また、消費電力が大きいゆえに本体内部で発する熱も大きくなってしまうため、内部冷却用のファンが結構な頻度で回っておりその音が耳障りに感じることもあります

解放的な空間に設置した場合は、この音がゲーム音の妨げになったり、ゲームへの没頭を妨げてしまう要因になり兼ねないので大きなデメリットになってしまいます。

4.スペックをフルに発揮させようとすると4K対応テレビは必須

特に映像と言う点において最上級の進化を遂げているので、その恩恵をフルで受けようとするとどうしても4K対応のテレビが必要になってしまいます。

もちろん4K非対応のテレビでもPS4Proの恩恵は受けられるのですが、ほんの一部になってしまうので、その場合はPS4との価格差の価値は見いだせないのではないでしょうか。

テレビの買い替えが必要な方へではなく、すでに4K対応テレビを所有している人向けなのがPS4Proであると思います。

PS4Proをお得に買う方法

PS4Proを少しでもお得に手に入れるには次の方法があります。

  1. Amazonギフト券をチャージしてから購入
  2. 楽天やAmazonなどの大型セールを狙う
  3. ネットショップの付与ポイントの大きい店舗で購入する
  4. フリマアプリで購入

1.Amazonギフト券をチャージしてから購入

Amazonギフト券をチャージしてから購入すると最大2.5%のポイント還元を受けることが出来ます

Amazonでいろいろ買う予定のある人は大きい金額をチャージしておき、大きなポイント還元を受けるのがお得です。

その一部としてPS4Proを購入する方法がおすすめです。

2.楽天やAmazonなどの大型セールを狙う

楽天やAmazon等では年に数回、楽天スーパーセールやAmazonサイバーマンデーなどの大型セールが行われます。

その際にはPS4なども対象になっている場合もあり、それを狙うのも一つの手です。

ただ、競争率自体が非常に高いので手に入る可能性はかなり低いことは覚悟しておかなくてはなりません。

3.ネットショップの付与ポイントの大きな店舗で購入する

この方法が一番確実にかつ、お得に手に入るのでおすすめです。

先にあげたような大型セールを除きPS4Proは大きな値引きは期待できません

そのためどの店舗で購入しても本体価格自体に変わりはほぼないので、付与ポイントの差が最も大きなポイントになります。

普段購入していて、ポイントが貯まった場合にもよく使うサイトでかつポイント付与の多いショップで購入するようにしましょう。

4.フリマアプリで購入

時としてフリマアプリでそれなりに安く出品されることがあります。

しかしそこで購入することはあまりおすすめできません。

と言うのも、手元に来てみたら故障していたり、付属品が不足していたりなど様々なトラブルが発生するリスクがあるためです。

もちろん運営を通して解決できることも多いのですが、そこに費やす時間や労力のリスクを考えると、トータルでお得とは言えないからです。

このリスクも許容できる場合のみフリマアプリを利用してください

【PS4 Pro】古今往来 ほぴるでぃ堂のまとめ

PS4Proはとくに映像面で強化されたゲーム機で、4K対応テレビを所有している人にとっては最高のゲーム機です。

またPS4同様Blu-ray、DVD再生機としても使用でき、ネットにつながっていればYouTubeやNetflix,huluなどを観ることも出来ます

ハイクオリティで滑らかな映像の中でゲームをしたい人は手に入れて間違いない一品です。

2,020年末にはPS5が発売予定ではありますが、PS4との互換性が未定な今ならPS4Proを購入することをおすすめします。

以上、【PS4 Pro】古今往来 ほぴるでぃ堂でした。

オンラインで映画やドラマ、アニメを楽しみたいあなたに

PS4ProではU-NEXTやhuluで映画やドラマ、アニメを観ることができます。

U-NEXTでは31日間は無料体験できるので、その期間は見放題作品が無料で視聴できちゃうです。

そして登録するとU-NEXTのポイントが600ポイント手に入り、そのポイントを使用して漫画版の鬼滅の刃を読むこともできちゃいます。

今人気の鬼滅の刃も観れたり、読めちゃいますし、もうすぐジョーカーも配信されちゃいます。

公式サイト

U-NEXT公式サイトはこちら

本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

huluでは2週間は無料体験できるので、その期間は見放題作品が無料で視聴できちゃいます。

公式サイト

hulu公式サイトはこちら

    -古今往来 ほぴるでぃ堂
    -

    © 2020 美容と趣味とお仕事と