サロンお勧めの化粧品やちょっとした美容法、グルメやクレジットカード、おすすめの一品などを紹介していきます。

美容と趣味とお仕事と

美容

元ジムスタッフがお勧めする初心者の方は”ジムに入会する前にここを確認!”

トレーニング用品

今回はトレーニングジムの種類とジムを選ぶ際に、ここを確認すると良いジムに巡り合える可能性が高まるというチェックポイントを元ジムスタッフの視点でお伝えしたいと思います。(ポイントは最後の方なのでそこだけ気になる方はスポーツクラブ選びで見るべき施設のポイントまで飛ばして読んでください。)

トレーニングジムの種類

最近はトレーニングジムも以前よりも多くなってきており、個人経営のパーソナル中心のジムから24時間営業のジム、大手のプール等まで付いたジムまでと選択肢が増えました。その分、特にジムに行ったことがない人にとってはどのジムを選べばいいのか迷うことが多くなってきているかと思います。

まずは簡単にその種類を整理してみると、

①大手総合スポーツジム(コナミ、セントラル、ルネサンスなど)

②特化型スポーツジム(ゴールドジムなど)

③24時間営業の小型スポーツジム(エニタイム、ジョイフィットなど)

④パーソナルトレーニング中心の小規模ジム

に分類できるかと思います。また他にもカーブスのような女性専用のサーキットトレーニングジム等いろいろなジャンルも存在しています。

4種類の特徴

①の総合スポーツジムの最も大きな特徴は、フィットネストレーニングの施設のみならずプールやテニス、ゴルフやアリーナ、そしてフットサル用のコートなども併設されている場合があるという点です。そのため施設自体も大きく、浴室や更衣室も広めであったり駐車、駐輪スペースも大きくとられていることが多いのも特徴です。またどの設備も普通以上には充実しています。(初心者から中・上級者向け 完全な上級者には色々不足気味)

②特化型スポーツジムの特徴はフィットネストレーニングやスイミング等、特定のものに特化しているため、目的がはっきりしている人には施設の充実度が高いことが挙げられます。例えばフィットネストレーニングに特化しているジムでは、重さのバリエーションが多かったり、少し特殊なマシンが用意されていたり、スタッフの知識レベルが高かったりと言った特徴があります。(中・上級者向け)

トレーニング風景

③最近増加傾向にある24時間営業型の小型スポーツジムの最も大きな特徴はもちろん24時間営業であることです。そのため通う際に時間に拘束されずに済むというメリットがあります。また小型でマシンなども上記2つよりは少なかったり、シャワーしかない、時間帯によってスタッフがほぼ居ないなどと言ったデメリットがある反面、会費等は多少安価であるというメリットがあります。(初・中級者向け 上級の方も使える用具が揃っている場所もあり)

④パーソナルトレーニング中心のジムの特徴は、基本的にパーソナルトレーニングを受けることが前提となっている点です。そのためトレーニング初心者の方でも戸惑うことなくレクチャーを受けながらトレーニングでき、上級者の方はさらに上を目指すためのその人に合わせたトレーニングを行うことが可能な点です。そのため会費等が高かったり、パーソナルトレーニング以外では自由に施設を使えない、時間に拘束されるなどのデメリットがあります。(初心者から上級者まで)

トレーニング初心者用ジムの選び方

トレーニング上級者の方の多くはいくつかのジムを渡り歩いていたり、掛け持っていたりといろいろな経験をしているので選ぶ際にもその経験を活かし、自分に合ったジムを選べると思います。しかし初心者の方はそうはいきません。そこで初心者の方がジムを選ぶ際に確認しておくべきところなどをお伝えしたいと思います。

ランニングマシン

初心者の方は上記4つの分類の中では①の総合スポーツクラブに行くことをオススメします。総合スポーツクラブは通っている方達も千差万別で、トレーニング上級者から初心者までいるのでそれほど気後れせずに済むこと、そして一通り基本的なマシンも揃っており通い初めにはトレーナーによるレクチャーもきちんと受けられるという点で初心者の方にはお勧めです。

またマシンを使った筋トレ以外にもスタジオでのレッスンやプール等も利用でき、飽きずに通うことが可能な点もお勧めできるポイントです。そして総合スポーツクラブで基本的なトレーニング方法を身に付け、その後②や③、④に移るというのが一番いい選択かなと思います。

スポーツクラブ選びで見るべき施設のポイント

今度はどのスポーツクラブにも当てはまる、選ぶときに見るべきポイントです。多くのスポーツクラブの場合清掃員の方にフロアや更衣室、風呂場、トイレなどの清掃等をお願いしている場合が多いのでその部分のキレイさは選ぶ際の参考にはあまりなりません。(もちろん汚い場合は論外ですが)

チェックリスト

元スタッフの立場からの見るべき最も簡単なポイントは次の2つです。①電球や蛍光灯で消えていたり、ちかちかとしている部分はないかどうか。②ジム内のマシン、特にマシンのウエイト部分にホコリが溜まっていたり、座面などの破れがきちんとした補修がされずに放置されていないかどうかです。

①はたいていスタッフ等が交換する場合が多いので、そこがおろそかになっているという事はそれ以外の管理などもきちっとできないクラブであると判断できます。またそのクラブのマネージャー等も施設の見回り等をせず、情報の共有もされていないこともうかがえます。(修理等を外部にお願いしている場合は張り紙等で告知がなされているはずです。)

②の破れの放置、きちんと補修されていない場合も①と同様できちっとできないクラブと言えます。またマシンのウエイト部分のホコリなどはスタッフがしっかりと清掃していない、自分らで使用していないから知らない等の明らかな証となります。

この2つが見受けられた場合はそのジムは出来る限り候補から外した方が良いと思います。特にジムのウエイトマシンなどはタイミング次第、やり方次第で大けがにつながるものなので、そのメンテナンスがしっかりされていない可能性が見受けられる場合には避けるのが賢明です。

まとめ

初心者の方はまずは総合スポーツクラブから入り、基礎を身に付けてからそれ以外に移るようにしましょう。また入会を考える際には”スポーツクラブ選びで見るべき施設のポイント”でお伝えした部分を確認するためにも必ず施設見学に行きましょう!見学=入会となりそうで二の足を踏んでしまう方も多いかもしれませんが、良い施設、スタッフに巡り合うためにも施設見学は重要ですので。

それでは良いフィットネスライフを!

関連記事

美尻を手にするオススメの方法

    -美容
    -

    Copyright© 美容と趣味とお仕事と , 2020 All Rights Reserved.