本日開店 ルディ亭

【檸檬堂のうらレモンがついに我が家に】檸檬堂定番レモンと飲み比べ!

裏れもんと定番レモン

いまも変わらぬ人気の檸檬堂、KAZUも継続して飲んでいますが、今回は店主が常連さんのために特別に仕込んだ裏メニューが我が家に届いたので定番レモンとの飲み比べをしてみました。

この裏メニューこと裏れもんのキャンペーンは、2020年11月30日が申し込みの締め切りとなっているのでまだ間に合います!(11/26時点)

読んで欲しい人

  • 普段から檸檬堂を愛飲している人
  • 裏れもんに興味のある人

裏れもんキャンペーンはコチラ

裏れもんと檸檬堂定番レモンの飲み比べ!

裏れもんはアルコール度数が5%となっているので、今回は檸檬堂の中でも同じアルコール度数の定番レモンと飲み比べてみました。

比較するのは、

  • 裏れもんと定番レモンの色
  • 裏れもんと定番レモンの味

の2点です。

裏れもんキャンペーンはコチラ

裏れもんと定番レモンの色の比較

裏れもんと定番レモン

左の裏れもんと右の定番レモン、画像では明らかな違いは感じにくいですが、よく見ると裏れもんの方が白みが強くなっています。

そのためか炭酸の見え方も定番レモンの方がはっきりとしていて、クリアな見かけとなっています。

裏れもんと定番レモンの味の比較

裏れもんは麦焼酎での仕込みとなっており、定番レモンは原材料を見てもスピリッツとしか記載がありません。

この違いが最も大きな味の違いとなって表れています。

裏れもんは飲み口が柔らかく、後味が麦焼酎の香りが残る、とろっとした雰囲気となっています。

対して定番レモンは飲み口すっきり、後味もすっきりとクリアな雰囲気が特徴となっています。

裏れもんはあっさり目のつまみや料理との相性が抜群で、きゅうりとささみの梅和えや素焼きした万願寺唐辛子などが特におすすめです。

定番レモンの場合は少しこってり目、味のはっきりとしたものとの相性が抜群なので、ビーフシチューやローストビーフ、ポークソテーといった重めのものがおすすめです。

またぐびぐびと飲みたい時には定番レモン、時間をかけながら味わいつつ飲みたい時には裏れもんが合うと思います。

全く性格の違う檸檬サワーなので、裏れもんが届いた人はシチュエーションに合わせて飲みたいものです。

\ 定番レモンが気になる人はこちら! /


届いた裏れもんの中身をチェック!

裏れもんは店主の特別仕込みというだけのこともあって、入っている箱から気合が入っています。

裏れもん外箱

箱を開けると店主の更なる楽しさが伝わってきます。

裏れもん内側

店主からの特別なお手紙と共に、おかもち風のケースに裏れもんが6本入っています。

この店主からの手紙もしっかりとしていて、店主(阿部寛さん)を想像しながら読むとクスッと笑顔になれるそんなお手紙です。

裏れもんコースター

きっと店主が気をきかせてくれたのでしょう、裏れもんを飲むときにぜひ使いたいオリジナルのコースターも付いてたりします。

裏れもんの特徴

裏れもんの特徴は、

  • 麦焼酎仕込みである
  • アルコール度数は5度
  • 340mlの瓶入り
  • 非売品!

です。

麦焼酎仕込みのためかやわらかな、トロッとした飲み口になっているので味わって飲むのに最適です。

度数は5度と高くはないので飲みやすくなっています。

通常の檸檬堂よりも少し少ない340mlの容量ですが、かわいらしさが随所に光るオリジナルの瓶に入っています。

そしてキャンペーンで当選しない限りは味わうことができない非売品!となっています。

キャンペーンは2020年11月30日までとなっているので、期間内にトライしてみてください。

裏れもんキャンペーンはコチラ

【檸檬堂のうらレモンがついに我が家に】檸檬堂定番レモンと飲み比べ!のまとめ

檸檬堂の店主特製の裏れもんについて今回はお伝えしてきました。

キャンペーンに当選しないと飲むことが叶わないという希少性はありますが、通常の檸檬堂とは全く異なる味わいの裏れもんを是非とも味わってもらいたいです。

キャンペーン応募期間は11/30までなので、本記事作成時点(11/26)で残り5日!

応募はまだまだ間に合うので是非ともこのチャンスを逃さないよう、檸檬堂好きなら応募してみてください。

裏れもんと出会えることを祈っています。

\ 檸檬堂で一番のおすすめ塩レモン! /

 

    -本日開店 ルディ亭

    © 2020 美容と趣味とお仕事と